太陽光発電とは


时间:

2023-05-25

太陽光発電は、半導体界面における光起電力効果を利用して、光エネルギーを直接電気エネルギーに変換する技術です。 主にソーラーパネル(部品)、コントローラ、インバータの3つの部分で構成されており、主要部品は電子部品で構成されています。

太陽光発電は、半導体界面における光起電力効果を利用して、光エネルギーを直接電気エネルギーに変換する技術です。 主にソーラーパネル(部品)、コントローラ、インバータの3つの部分で構成されており、主要部品は電子部品で構成されています。 太陽電池セルを直列接続した後、パッケージ化・保護して大面積の太陽電池モジュールを形成し、パワーコントローラーなどと連携して太陽光発電装置を形成します。

太陽光発電の主な原理は半導体の光電効果です。 光子が金属に照射されると、そのエネルギーは金属内の電子によって完全に吸収され、電子によって吸収されたエネルギーは、金属原子内のクーロン力に打ち勝って仕事をし、金属表面から逃げて、光電子。 シリコン原子には 4 つの外側電子があります。純粋なシリコンにリン原子などの 5 つの外側電子を持つ原子を加えると、N 型半導体になります。純粋なシリコンにホウ素原子などの 3 つの外側電子を持つ原子をドープすると、N 型半導体になります。 P型半導体のこと。 P型とN型を組み合わせると、接触面に電位差が形成され太陽電池となります。 P-N接合に太陽光が当たると、P型側からN型側に電流が流れて電流が形成されます。

光電効果は物理学における重要かつ奇跡的な現象です。 ある周波数(この周波数を閾値周波数といいます)以上の電磁波が照射されると、物質内の電子がエネルギーを吸収して逃げて電流、すなわち光電気が発生します。

多結晶シリコンは、インゴット鋳造、インゴットブレイク、スライス等の工程を経てシリコンウェーハとなります。 シリコンウェーハ上に微量のボロン、リンなどをドーピング、拡散させることでP-N接合を形成します。 次に、スクリーン印刷を使用して、細かく調製した銀ペーストをシリコンウェハー上に印刷してグリッドラインを作成し、焼結後に裏面電極を同時に作成し、グリッドラインの表面に反射防止コーティングの層をコーティングします。 、バッテリーシートはここまでできました。 バッテリースライスを配置して組み合わせてバッテリーアセンブリを形成し、それが大きな回路基板を形成します。 一般的にはモジュールにアルミフレームを巻き付け、前面をガラスで覆い、背面に電極を設置します。 バッテリーコンポーネントやその他の補機を使用して、発電システムを形成できます。 直流を交流に変換するために、電流変換器が設置されています。 発電後は、バッテリーに蓄えることも、公共送電網に入力することもできます。 発電システムのコストは電池部品が約50%を占め、残りの50%が変流器、設置費、その他付帯部品等の費用となります。